アンチエイジングで肌の老化を防止|日帰りが実現

肌の老化を食い止める治療

美容整形

お肌の最大の敵は紫外線

アンチエイジングとは加齢による肌の衰えを食い止め、若々しさを保つことです。美容整形の世界でもアンチエイジング治療は最も注目されている分野です。アンチエイジング治療を行うためには、老化の原因を知っておく必要があります。その原因は主に3つあります。活性酸素の増加、コラーゲンの減少、ターンオーバーの乱れです。活性酸素とは酸化力の強い酸素のことで、細菌やウィルスを退治する働きをします。しかし増えすぎてしまうと正常な細胞や遺伝子まで攻撃してしまうので老化の原因になってしまいます。活性酸素が増えるのは紫外線、喫煙と飲酒、ストレス、食生活などです。コラーゲンの減少は年齢と共に起こってしまう現象です。コラーゲンが減ると肌のハリがなくなってシワが目立ってきます。これも紫外線によってコラーゲンが減少し、シワやシミができるわけです。さらに偏った食生活も減少を促します。ターンオーバーが乱れると肌の老廃物が排出されずに残ってしまうので、角質層が厚くなります。その結果シミやそばかす、肌のくすみなどが起こります。

シワやシミを消す治療法

このようにアンチエイジングの原因を探ってみると、紫外線が非常に影響を与えていることがわかります。中高年になったら美容整形でアンチエイジング治療を行うのも効果的ですが、同時に若いうちから紫外線対策を工夫することもアンチエイジング効果には大事なのです。紫外線対策としてどのような工夫が必要かというと、必ず日焼け止めを塗ることです。塗っても数時間で効果がなくなりますから、その都度塗り直すことが必要です。また直射日光を避けるために長袖のブラウスを着て、日傘やつばの広い帽子を被るようにします。こうした工夫をしておけば、アンチエイジング治療を行った時の効果も違ってきます。美容整形では主に顔のシワやほうれい線、シミなどを消すアンチエイジング治療が行われます。特に原因の一つであるコラーゲンを増やすためにヒアルロン酸注射が行われます。これは注射をするだけなので肌が傷つかず、短時間で効果が得られるので人気があります。また美容整形ではレーザーを使ってシミの除去を行います。美容整形での治療効果を上げるためには、早くから紫外線対策を工夫しておくことが大切です。